九州から3D CADやCG、IoT、3Dプリンタ、NC加工などのデジタル技術に関する最新情報を配信

ユーザーインターフェース

Fusion 360のユーザーインターフェース(画面構成) について説明します。
userinterface
Fusion 360のユーザーインターフェース
① アプリケーションバー
データパネルの表示・非表示の切替、デザインの新規作成や、開く、保存。
スクリプトやアドインの機能はここで選択・編集。
② データパネル
A360のクラウド管理ソフトウェアに保存されているデータの管理。
デザインのアップロードや、デザインを開く場合はここから選択。
③ ツールバー
スケッチやスカルプト、アセンブリなどの各種コマンドの選択。作業スペースで、「モデル」「パッチ」「レンダリング」「アニメーション」「シミュレーション」「CAM」のいずれかに切り替えると各種コマンド一覧も合わせて変更。
④ プロファイルとヘルプ
オートデスクアカウントの利用状況や操作ヘルプ。
⑤ ビューキューブ
視点の切り替えや、アイソメトリック・正投影の切り替え。
⑥ ブラウザ
デザインしているオブジェクトのリスト表示。
⑦ マーキングメニュー
右クリックで表示されるコマンド短縮機能。
⑧ タイムライン
ヒストリの一覧。パラメトリックモデリング時のみ起動。
⑨ ナビゲーションバー
表示画面領域の縮小や拡大、回転等の機能。
⑩ 表示設定
キャンバス内に関する表示方法の各種設定。

デジタルものづくりを学ぶ「MID PLCオンライン」

スポンサーリンク

Autodesk(オートデスク)

広告

PAGETOP
Copyright © 九州3D情報局 K3DNews All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.