九州から3D CADやCG、IoT、3Dプリンタ、NC加工などのデジタル技術に関する最新情報を配信

円の描画

ここでは、円の描画方法について説明します。
円の描画方法には、「中心と直径で指定した円」「2 点指定の円」「3 点指定の円」「2 接線指定の円」「3 接線指定の円」があります。

circle1

 

中心と直径で指定した円
スケッチ面を決定後、赤線で囲んだコマンドをクリックすると「中心と直径で指定した円」の描画に切り替わります。円の中心点を選択し、その後、直径を指定すると円を描画できます。

circle2中心と直径で指定した円のキーボードショートカットはCです。
Cを押すことでも中心と直径を指定した円を描画することができます。
中心の選択後は、直径をキーボードで入力することが可能です。

 

 

 

2 点指定の円
円の外周を通過する2点を指定して円を描画するコマンドです。

circle3指定する長さは円の直径になります。

 

 

 

 

 

3 点指定の円
円周上にある3点を指定することで円を描画するコマンドです。

circle43点目を指定した時点で円は描画されます。

 

 

 

 

 

2 接線指定の円
指定した2本の線に正接する円を描画するコマンドです。

circle52本の線を選択すると、正接条件を満足する円を描画できます。
直径はクリックで指定するか、キーボードで数値の入力をする必要があります。

 

 

 

 

3 接線指定の円
指定した3本の線に正接する円を描画するコマンドです。3本の線を選択すると、正接条件を満足する円を描画できます。

circle63本目の接線を指定した時点で円は描画されます。

 

 

 

デジタルものづくりを学ぶ「MID PLCオンライン」

スポンサーリンク

Autodesk(オートデスク)

広告

PAGETOP
Copyright © 九州3D情報局 K3DNews All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.