九州から3D CADやCG、IoT、3Dプリンタ、NC加工などのデジタル技術に関する最新情報を配信

スプラインの描画

ここでは、スプライン(自由曲線)の描画方法について説明します。
スプラインは、スケッチ面にスプライン曲線が通過する制御点を複数指定することで描画できます。
spline1

・スプラインの描画
スプラインの入力にはまず、起点となる点を指定します。
次に、いくつかの点を指定すると、それらの点が制御点となり、制御点を通過するようにスプラインが描画されます。
スプラインの入力が完了したら、最後に指定した制御点の付近に表示されるチェックマークをクリックするとスプラインの描画が終了します。
spline2

 

 

 

 

 

 

・スプラインの編集
スプラインの描画を終了後、制御点をクリックして選択すると、接線ハンドルが表示されます。
この接線ハンドルの端点をドラッグしてハンドルの長さを変更することで、スプラインの曲率を変更することができます。
また、制御点自体をドラッグすることでスプラインの形状を変更することができます。spline3

 

デジタルものづくりを学ぶ「MID PLCオンライン」

スポンサーリンク

Autodesk(オートデスク)

広告

PAGETOP
Copyright © 九州3D情報局 K3DNews All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.