みなさん初めまして,がさきぬです.電気系の高専生です.今回はFusion 360の基板作成機能を使って,ボタン電池でLチカ基板を作ってみました.

Lチカ基板完成までの一連の流れ

 Lチカ基板は下のような流れで作っています.

① 回路図(Schematic)を描く

② ボード図(PCB document)のレイアウト

③ View 3D PCB で感動

① 回路図(Schematic)を描く

 Fusion 360の「New Electronics Design」で新規ファイルを作成し,回路図を書きます.

こんな感じに適当に作りました.タクトスイッチの配置が少し気になりますが,スルーで゙お願いします.タクトスイッチとコイン電池ケースのライブラリも作りました.めんどかった(笑),次からは使いまわします.

②ボード図(PCB document)

 続いて各素子を配置していきます.今回はごく単純な回路なのでクロスすることもなくストレスフリーでした.ではそのレイアウトをご覧ください~

表面(TOP)で主に配線して,裏面(BOTTOM)は全部GNDでベタ配線しました.初めてベタ配線したんでちょっと感動でした.これで電源ラインの電圧降下減らせますね(抵抗値は断面積に反比例するから).

③ View 3D PCB

 ここまできたらあとは左上のView 3D PCBを押すだけ!すると…

これ凄くないすか.今までEagleで2次元的なイメージだったものが3次元的なイメージで見れちゃうんです!さすがFusion 360.
タクトスイッチとボタン電池ケースのライブラリを作るときに3D package は作り忘れてました.怠慢ですね,すみません.

基板発注

 ELECROWで基板発注してみました.そして届いたのがこちらになります.
基板の色は僕のお気に入りの黄色にしてみました.

見事にボード図と一緒ですね.基板製造装置万歳.

で実装すると

「いいっすね~」と思うのは僕だけかもしれませんが(笑)

おぉー,埃が輝いて見える

まとめ

 今回はLチカ基板を作ってみました.Fusion 360を使った詳細な基板作成の方法(Schematic,PCB document)は,追々自分なりに紹介できたらなと思います.

それでは~

The following two tabs change content below.
がさきぬ

がさきぬ

今年度から高専3年生になります.今年度の目標は基板の製作と学業の両立,電検取得です. 頑張るぞい.